*

富田さんでスウィーツ

公開日: : 富良野の話題

立春を過ぎると暦の上では春、という言い方をよく耳にしますが、富良野はまだまだ真冬の真っ只中。20℃を下回る日もあって連日真冬日となっています。20℃ってもちろんマイナス。この時期は氷点下が当たり前ですので、普段の会話ではいちいちマイナスはつけません。

厳寒のこの時期でも、ラベンダーを観賞できるのが中富良野町のファーム富田


日差しが弱いために、どうしても徒長気味で花付きも悪いですが、ハウス内はラベンダーの香りが充満していて、目を閉じると一足早く夏を感じることができます。

さて、そんな富田さんでは3年ほど前から、主に地元向けに冬の企画を行っていて、その名もスウィーツフェア2010。2月の土日祝日限定ですが、ラベンダー関連のケーキ、ドリンクを賞味したいと行ってきました。


ラベンダーカルピス(右)とラベンダーティー。カルピスの色は間違いなく着色ですが「抽出したエキス」が入っているそうで確かにラベンダーの香りはしました。ティーの方は「ラベンダーを丁寧に焙煎」したとあり、どの部分をどのようにするのか興味のあるところです。


ケーキの中ではラベンダーティーシフォンケーキ(左上)。こちらは私にはラベンダーの香りを感じることはできませんでした。

この中のメニューにはありませんでしたが、他のラベンダー関連の飲食物としては「ラベンダーティークッキー」「ラベンダーティークッキーホワイトチョコサンド」「ラベンダーラムネ」「ラベンダーコーヒー」「ラベンダースムージー」そして「ラベンダーソフトクリーム」。

上記のメニューで特筆すべきは、どれにも本物のラベンダーが含まれているということです。青く着色されただけ、というラベンダー商品が多い中、こだわりを持って商品開発をしているところは素晴らしいでしょう。基本的にラベンダーは飲食には不向きであり、一般的には加えることによって不味くなるというのも事実です。しかしそう感じさせないのはオイルの品質とさじ加減でしょうか。

ところで富田さんのサイト上に、富良野北道路についてのちょっとした意見が掲載されているのは興味深いところです。この件に関しては少し調べてから改めて紹介したいと思います。

関連記事

no image

ラベンダー園が入園無料の理由その1

現在では全国いたるところでラベンダーが栽培され、気軽に楽しむことができるようになりましたが、行政が町

記事を読む

no image

NKB238は無用の長物

再度、上富良野町民に読んでいただきたく、農村TKBB改めNKB238(単位は100万円)について書き

記事を読む

no image

森林公園キャンプ場の閉鎖

ついにと言いますかやっぱりと言いますか、中富良野町の北星山にある森林公園キャンプ場が今年度で営業を終

記事を読む

不意打ちオープンの花畑牧場

まったく油断していました。一時は今年度の出店を断念した花畑牧場が、6月15日期間限定ショップとしてオ

記事を読む

no image

「ふらの」はどこを指すか?

道民ならいざしらず、本州のほとんどの観光客にとって「富良野」はひとつの街だという認識かもしれません。

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 54今日の訪問者数:
    • 153昨日の訪問者数:
    • 4250561総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る