*

元祖生キャラメル

公開日: : 富良野の話題

今やすっかり北海道の定番土産として定着した生キャラメル。中でもブームに火をつけた花畑牧場ブランドは、一時の勢いに陰りが見え始めたとはいえ、味付けのバリエーションを増やしてまだまだ入手困難な状態は続いています。

さまざまなメーカーからさまざまな味の生キャラメルが販売されており、お好みで選ぶのが一番かとは思いますが、喜ばれるお土産としてブランドにこだわりたい方にはノースプレインファーム産の生キャラメルをお勧めしたいと思います。

こちらは元祖生キャラメル。花畑牧場が育ての親なら、こちらは産みの親です。こちらも入手はなかなか難しく私もしばらくは購入できませんでした。販売店舗は生キャラメル取扱店のご案内で確認できます。

花畑牧場がJAL系のブルースカイで取り扱われているのに対して、ノースプレインファームはANA系のアナフェスタで販売されています。よくよく調べると道内だけでなく羽田空港でも取り扱いがあるではありませんか。


羽田空港第2ターミナル地下にあるANA・FESTAにありました。それも常時大量に。逆輸入ではありませんがこの道内で生産されたお土産を東京で買い、富良野に持ち帰って賞味いたしました。こちらはハチミツの甘みがポイントですね。

お土産を買い忘れたら羽田でどうぞ。

ところで花畑牧場産の生キャラメルは旭川空港でもストロベリーやホワイトが入手できるようです。また機会がありましたらリポートいたします。どこぞのメーカーがラベンダー味を出したそうですが、こちらも詳細がわかりましたらお伝えします。

関連記事

no image

森林公園キャンプ場の閉鎖

ついにと言いますかやっぱりと言いますか、中富良野町の北星山にある森林公園キャンプ場が今年度で営業を終

記事を読む

続報・大雨で枯れたラベンダー

9月になっても富良野は暑い日が続きましたので、このまま冬が来ないかと心配したものですが、もちろんまっ

記事を読む

不意打ちオープンの花畑牧場

まったく油断していました。一時は今年度の出店を断念した花畑牧場が、6月15日期間限定ショップとしてオ

記事を読む

「彩りの畑」の8年を振り返る

富良野を代表する景観として多くの雑誌やパンフレット、ポスターに取り上げられるファーム富田の「彩りの畑

記事を読む

富良野市の花はラベンダーではない!

富良野を代表する花といえば、間違いなく誰もがラベンダーを思い浮かべるでしょう。確かに上富良野町・中富

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 11今日の訪問者数:
    • 197昨日の訪問者数:
    • 4281947総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る