*

渋滞の状況と回避策

毎年7月に発生する悪名高き「富良野ラベンダー渋滞」ですが、いつ、どこで、どのくらいの渋滞が起きるのかを把握し、その回避策を考えます。

渋滞の発生は特定の日にちと時間帯

毎年毎年の状況を観察している中で、渋滞の発生しうる日と時間、場所はほぼ特定できています。多くの観光客が渋滞を知らずに巻き込まれてしまった、あるいは最初から渋滞するものと諦めて、富良野を訪れているのかもしれません。

渋滞の発生状況を確認し、起こりそうな日時と場所を把握することで、渋滞を回避し時間を有意義に使うことができるでしょう。

▼ 2014年7月 ▼
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
大渋滞警報(最大2時間待ち)
海の日に伴う3連休の1日目と2日目。2014年は7月19日・20日で、9時から17時と予想します。
渋滞警報(最大30分待ち)
海の日に伴う3連休3日目。及び翌週末。2014年7月21日・26・27日、10時から16時。
渋滞注意報(10分待ち)
上記以外。11時から15時。

【追記】2014年7月19日(土曜)に中富良野町でラベンダーまつり・花火大会が行われるため、当日は夜にかけても渋滞が継続します。交通規制が行われ、中富良野町市街地全域が路上駐車だらけとなります。

渋滞の原因はファーム富田駐車場空き待ち

富良野にラベンダー畑は数あれど、やはりファーム富田は知名度抜群ですし渋滞に並んででも行きたい人気観光スポットです。その駐車スペースがラベンダーのトップシーズンには、観光客に対して絶対的に少ないことが原因となっています。

ファーム富田及びその周辺にある駐車スペースがどのようになっているか、事前に確認しておくことで駐車に関する不安を払拭します。

大渋滞警報時は富良野に行かない

大渋滞を回避する一番お勧めの方法は富良野に行かないこと。海の日(7月第3月曜)に伴う3連休の初日と中日がそれに当たります。

国道237号線または西側に並行する基線を富良野市方面から進行した場合、中富良野町市街地

それでもどうしてもこの日でなければならない事情もあるでしょう。途中リタイアとならないために、万全の対策が必要です。

渋滞警報時は裏側からアクセス

10分の空き待ちになる可能性のある日時

駐車場が飽和状態になると「満車」の看板が掲げられ、誘導員に前進を促されます。前進ができない状態、あるいは誘導員の判断で駐車場入口で停めてしまう場合もあり、空き待ちの渋滞が始まります。

10分程度なら待つのもひとつの方法ですが、誘導員の不手際なんかを見てイライラするのも損ですので、最初から「並ばない」という選択肢を提示します。


公開日:
最終更新日:2014/03/31

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/21)

2017.07.21

7月に入ってからの暑さで開花の進行が早まっており、早咲き


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 49今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 4108026総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • follow us in feedly
ページ上部へ戻る