*

彩香の里・佐々木ファーム

彩香の里・佐々木ファームラベンダーが植えられた面積と比較して、観光客が少ないため穴場として紹介されることが多い。ラベンダーの摘み取り体験ができることが特徴となっています。

広さを実感できるラベンダー畑

中富良野町市街地の西の小高い丘の上に位置します。ラベンダーの総面積はファーム富田と同じくらいですが、畑が分断されているファーム富田とは違い斜面のほとんどがラベンダーで覆われていること、また相対的に観光客の数も少ないため広さ・奥行きを感じるラベンダー園です。

駐車場のある低い位置からは林があるため十勝岳連峰は望めませんが、中腹まで上ると一望することができます。また南側にも開けているため富良野西岳や芦別岳も望むことができます。

ラベンダーの摘み取り体験

ラベンダー狩り(最近は「ラベンダー摘み」と呼んでいます)ができることで人気があります。かつては町営ラベンダー園などでも行われていましたが、いろいろ大変なのでしょうか、やめてしまっています。他には「フラワーランドかみふらの」でできます。また宿泊施設の中には、敷地内のラベンダーを収穫させてもらえるところもあります。

  • ラベンダー狩り 一袋 詰め放題で700円

見本園として一般的な早咲きと遅咲きの他に「ようてい」「はなもいわ」をはじめ「なりさわ」「ホワイト」「ピンク」「ラバンジン」といったラベンダーが植えられています。ホワイトやピンク、ラバンジンの品種はわからないようです。

秋咲きのラベンダー

見頃の時期以外にもラベンダーが楽しめるよう、伸びてきた新芽を刈り取って咲く時期を調整しています。ここでは「2番咲き」と呼び、8月中旬から霜の降りる10月中旬頃まで順次花をつけます。ただし一面のラベンダー色というわけにはいかず、パラパラと咲いている程度です。

基線の南側から上ったすぐ右手にラベンダーが植えられていて日比谷花壇の看板が立ち、オーナーと思われる札も立ち並びます。ここも彩香の里で管理しています。ただここは観光用ではないため7月上旬には刈り取られてしまう、幻のラベンダー畑です。

ラベンダー以外の花として毎年マリーゴールド(黄・オレンジ)とサルビア(赤・青・白)で斜面の一画を彩っています。曲線を用いて植えることでその彩りを演出しています。ただ傾斜角度が緩いため全体像が見えないのは残念です。ちょっとした展望台を設置すればかなり見え方が違うのですが。

彩香の里へのアクセス方法

車でのアクセス

中富良野町市街地の西側の丘を縦断する道路に接し、基線から上っていきます。

徒歩でのアクセス

富良野線中富良野駅より車道を歩けば徒歩約30分。急坂ですが、歩行者だけが通行できる近道を通れば15分で着きます(右図参照)。

富良野と旭川を結ぶ、ふらのバス「ラベンダー号」中富良野駅前下車。最寄りのバス停はありません。

【公式サイト】   http://www.h3.dion.ne.jp/~saika/


公開日:
最終更新日:2014/03/31

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
ラベンダー園最新リポート(16/08/05)

2016.08.06

7月末から8月はじめにかけて不安定な大気の状態が続き、局

ラベンダー園最新リポート(16/07/29)

2016.07.29

本日は午前中にまとまった雨がありました。ラベンダーの見ご

ラベンダー園最新リポート(16/07/22)

2016.07.22

連休明けの19日に少しまとまった雨がありました。早咲きは


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 24今日の訪問者数:
    • 192昨日の訪問者数:
    • 4050288総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る