*

枯れの目立つラベンダー畑

公開日: : 富良野の話題

本来この時期はぐんぐんと緑色を増していかなくてはならないのですが、場所によっては春の雪解けの状態から止まってしまっているところがあります。

中富良野町の彩香の里。一区画がベロッとまったく新芽が伸びないままとなっています。品種ははっきりしませんが、ラバンジンの区画だったでしょうか。

こちらは彩香の里が管理する「離れ」にあるラベンダー畑。早咲きの区画だったと思いますが、傾斜の下(右)側が枯れ気味ですので、枯れた原因としては水はけ不良によるものと想像します。

上富良野町にあるファーム富田・ラベンダーイースト。水田地帯にあって過去に何度か排水不良によって枯れる被害があり、弾丸暗渠などで対策を取っていたようですが、今回も被害が出ています。

中富良野町・本家のファーム富田。ラバンジンの区画がやはり枯れる被害があって小さな苗を捕植している状態でした。

今回は被害の目に付いた箇所を取り上げましたが、富良野地方のラベンダー畑の多くを占める、遅咲きのおかむらさきの区画に関してはそれほど被害はなかったようですので、殊更に騒ぐことではないのですが、この原因というのがおそらく、昨年(2016年)北海道に連続して上陸・接近した台風の雨によるものではないかと思われます。

台風による被害として、直接的には前回取り上げた南富良野町幾寅にある道の駅に隣接したラベンダー畑で、空知川の決壊により土砂の流入があったわけですが、間接的には富良野地方全体でこのような排水不良による被害があったことになります。

過去には2010年に大雨による被害があって、そのときの状況と似てはいますが、すでにその年の秋には枯れていたのに対し、今回の枯れた状況は、昨秋では確認できませんでした。雪が解けて新芽が伸びなくて初めて異変に気付いたような状況です。またラバンジンに関しても、2010年には被害がそれほど無かったように記憶しています。とすると何か別の原因があったのかもしれません。

今回の枯れの原因としては昨年の台風に伴う降雨によるものと想像はしますが、断言はできない、というのが今回の結論です。ラベンダーの栽培はまだまだ奥が深いですね。

さて、結局のところサイトのリニューアルは今回も間に合わないままとなっていることをお詫びします。毎週金曜を予定しているラベンダー園リポートは6月23日からを予定しています。

関連記事

no image

富良野の語源、フラヌイの意味

富良野の風景には欠かせない十勝岳連峰ですが、富良野の語源に活火山である十勝岳が大きく関わっています。

記事を読む

新プリ紫彩の湯オープン

早いものでもう10月ですね。大雪山系からはじまった紅葉も少しずつふもとへ下りてきました。十勝岳連峰は

記事を読む

続報・大雨で枯れたラベンダー

9月になっても富良野は暑い日が続きましたので、このまま冬が来ないかと心配したものですが、もちろんまっ

記事を読む

上富が舞台「大麦畑でつかまえて」

今もっとも注目を集める「地タレ」大泉洋氏が主演のHTB(テレビ朝日系)製作ドラマ「大麦畑でつかまえて

記事を読む

no image

ラベンダー園が入園無料の理由その2

その1では表面的に「なぜラベンダー園は無料なのか」を考えてみましたが、今回はもっと深い理由を考えてみ

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 20今日の訪問者数:
    • 134昨日の訪問者数:
    • 4287845総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る