*

森林公園キャンプ場の閉鎖

公開日: : 富良野の話題, 更新情報

ついにと言いますかやっぱりと言いますか、中富良野町の北星山にある森林公園キャンプ場が今年度で営業を終了、バンガローや炊事場を取り壊しての閉鎖となります。

富良野地方のキャンプ場を更新しました。

かつては美瑛のかしわ園、上富良野の日の出公園、富良野市の鳥沼公園と各市町にそれぞれ無料キャンプ場があり、ライダーやバックパッカーの交流の場としておおいに賑わったものですが、日の出公園がオートキャンピング場を併設し有料化され生き残った以外はすべて廃止となりました。

かれこれ10年ほど前に森林公園で長期キャンプをしていたライダーのひとりとして、時代の流れといえ一抹の淋しさは禁じ得ません。森林公園からバイトに通ったのがそもそも富良野での私の原点であり、こうして今、上富良野に定住してカマドを持っているのも、その場所に無料のキャンプ場があったからです。

ネームバリューでいえば鳥沼公園が圧倒的に上でしたが、その沼地ならではのジメッとした感じがどうも嫌で、逆に日の出公園はカラッとし過ぎていて、適度に林に覆われた森林公園は非常に居心地のいい場所でした(当時かしわ園はすでに閉鎖されていました)。

各地からのライダーやチャリダーが入れかわり立ちかわり、長期滞在キャンパーと夜な夜な旅話(時には下ネタ)で盛り上がったのは今ではよい思い出です。9時以降は消灯、それでも話したい場合はテントサイトから離れた場所で、などと自主的な取り決めがあったりしました。

知る人ぞ知る「ジローおやじ」もここを拠点としていました。マスコミでの取り上げられ方とは違い、あまりいい話しは聞きませんでしたが。また不幸にもキャンプ中に亡くなった方がいて、それ以降幽霊が出るなどというクチコミが広まって有料化と合わせて利用者の激減を招く結果になったものと思われます。

当時のキャンパーでそのまま富良野に移住した人を複数知っていますが、鳥沼はじめ他のキャンプ場も含めて、無料のキャンプ場に滞在したことがきっかけで富良野に移住した人は、勝手な想像ですが、百人単位にのぼるのではないでしょうか。

今では唯一山部にある太陽の里が無料のキャンプ場となっていますが、バイトに通うような長期滞在者はほとんどいないようです。私自身ライダーを卒業してしまったのでその類の情報には疎くなってしまいましたが、コアな旅人はどこに行ってしまったのでしょうか。

よかったらウチの庭で無料キャンプをどうぞ。

関連記事

no image

10年の考察と11年の展望

2010年も残りわずか、と1年を振り返ってみようと思っていましたが、あれよあれよという間に新年を迎え

記事を読む

no image

掲示板を設置しました

サイト開設した3年前、コンテンツのひとつとして掲示板を設置していましたが、そもそもアクセスが少なかっ

記事を読む

今年の話題は「嵐」になりそう

富良野地方にもようやく暑さがやってきました。遅れに遅れていた農作業は急ピッチで行われていて、夜中にラ

記事を読む

no image

ラベンダー園案内の更新

全国的に肌寒い日が続いているようですが、富良野にも春らしい日がなかなかやってきません。噴火の影響もあ

記事を読む

枯れの目立つラベンダー畑

本来この時期はぐんぐんと緑色を増していかなくてはならないのですが、場所によっては春の雪解けの状態から

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 37今日の訪問者数:
    • 149昨日の訪問者数:
    • 4254683総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • follow us in feedly
ページ上部へ戻る