*

路上駐車からの徒歩移動(動画)

公開日: : 渋滞対策

今回は路上駐車した地点からファーム富田彩りの畑まで。

カッコ内はおおよその駐車可能台数。合計500台分が一般車両の駐車スペースです。国道及び基線に並んでいた車1000台超が満車の駐車場の空き待ちをしていることになり、絶対的なキャパシティ不足であることがわかります。

歩きながらの撮影かつ倍速再生で、なるべく人が大きく写らないよう撮影したので見にくいのはご勘弁ください。ノーカットにしたかったのですが数秒ですが編集した箇所があります。

動画中で指摘しているとおり、ファーム富田駐車場に向かう車がほとんどで、トミタメロンハウスの駐車場に向かう車は皆無でした。そのためトミタメロンの駐車場入口はガランとしており、駐車スペースにもまだ余裕がありました。一方で数百台が並んで、一方で空きがある。可笑しなことです。

昨年まではこのようなことはありませんでした。原因はこの年に設置したトミタメロンハウスの案内表示にあったと考えていいでしょう。よかれと思って出した駐車場の案内表示が逆に客を遠ざける結果になりました。渋滞に並んででも行きたいのはラベンダー畑であって、メロン屋さんではないのです。これまでのように単に駐車場と表示するか、ラベンダー畑まで徒歩3分といった文言を小さく(こっそり)付け足すか。

メインの駐車スペースとして3ヶ所あるわけですが、それぞれ管理しているところが違うため、委託している交通誘導業者も違います。町の駐車スペースは中立としても、富田さんとトミタさんはあくまでも商売敵ですから「あちらの駐車スペースに空きがありますよ」といった誘導は絶対にありません。雇い主の指示通り、満車なら止め空いたなら入れるだけです。

せめて渋滞が予想される時期、時間帯だけでも情報を共有できないものでしょうか。業者同士は無理でも町が間に入って町職員が3ヶ所の出入口と交差点に立って、トランシーバーでやり取りし車を割り振りすることはできるはずです。駐車場の確保というハード面の対策と同時に、スムーズな誘導というソフト面も改善の余地があります。

トミタメロンさんがキカラシだった畑を潰して駐車スペースとしてから10年ほど経つでしょうか。それまでは富田さんと町営の駐車場しかなく、トミタさんが2倍近くに収容台数を増やしたことによる恩恵は富田さんにも大いにあるでしょう。いろいろ確執もあるかと思いますが、観光客の視点でどうすべきか考えれば自ずと答えは出てくるでしょう。

関連記事

2016年富良野渋滞予想

最初に結論から言いますと、富良野市まで延びるような大渋滞は発生しないと思われます。その最大の要因は昨

記事を読む

富良野の渋滞対策2012年版

悪名高い「富良野ラベンダー渋滞」ですが、渋滞する原因は「ファーム富田の駐車場の空き待ち」です。渋滞す

記事を読む

19・20日限定・渋滞回避策

シーズンを通してもっとも渋滞が激しく起こりうるのは3連休の中日、今年でいえば20日になります。それに

記事を読む

08年富良野の渋滞予想

ここ数日富良野地方は真夏日を記録し、北海道らしからぬムシムシとした気候となっています。早咲きの開花に

記事を読む

2014年富良野渋滞予想日時

好天が続いて早咲きは見頃のピークを維持し、遅咲きは開花が始まっています。次の雨で早咲きは見頃度を落と

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 220今日の訪問者数:
    • 301昨日の訪問者数:
    • 4216885総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る