*

ラベンダーの水挿し・その2

公開日: : その他の増殖法

前回のラベンダーの水挿しでは5月上旬に始めて約一ヶ月で発根を確認できました。この実験結果を踏まえて手に入れたなま花から増殖させることを目標に再び水挿しの挑戦です。

ラベンダーの生花
7月上旬から中旬の極短い期間しか売られていないラベンダーのナマ花。このままドライフラワーにするかポプリにするのが一般的な方法です。どちらにしても「枯れる」ことが前提です。ここではこのラベンダーに新たな命を与えることができるかどうかの実験です。


まずはどのように水に浸けるかです。これまでの経験上、ただ花瓶に活けただけでは水につかっていた部分が腐り、色素(茶色)が水に溶け出し、1週間ほどで枯れてしまいます(枯れても色は残るのでポプリにはできます)。

実験を成功させるための対策として

  • 頻繁に水を換える
  • 花の部分を落とす
  • 切り口を斜めにする
  • 下の葉を落とす

売られているナマ花は基本的に鎌で刈り取られています。花が開いているのもあればまだ新芽も上がっていないものも混じっています。5月に水挿ししたのはすべてまだ新芽が上がっていないものだったので、同じ条件にするのがいいでしょう。

ラベンダーの生花
花のついている茎は上部を切り落とし、最上部の葉と脇芽だけを残し、下部の葉を取り除きます。脇芽の生命力に期待して水に浸けてみました。

結果はというと頻繁に水を換えていたつもりですが、5月の時点よりも温度が高いためにすぐに水が腐ってしまい、カビが生え、茎も枯れて失敗です。そこで水を腐らせない方法として水道の蛇口の下にペットボトルを加工した受け皿を用意し、ポタポタと常に水が供給されるようにしました。

ラベンダーの生花
設置から1週間、とりあえず今のところは大丈夫です。はたして発根は確認できるでしょうか。その報告は1ヶ月後の予定。

関連記事

ラベンダーの水さし・その3

前回の実験ではラベンダー園で売られているナマ花から発根させることができるか、という壮大な? 実験を始

記事を読む

株分けラバンジンの今

ラベンダーの株分けはNGの記事を書いてから2年経ちます。この中で深山峠展望台付近に植えられたラバンジ

記事を読む

ラベンダーの水挿し

ラベンダーの挿し木は基本的に新芽ののびだす直前(富良野では5月上旬頃)にやや木質化した枝を10cmほ

記事を読む

ラベンダーの株分けはNG

ラベンダーの増やし方には2つの方法があります。ひとつはタネを蒔く方法で、もうひとつは挿し木をする方法

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 113今日の訪問者数:
    • 207昨日の訪問者数:
    • 4244968総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る