*

中国の「ラベンダー」畑

公開日: : ラベンダー豆知識

おかげさまでこの度アクセス数が100万を超えました。ちょうど1年前は50万に届いていなかったことを考えると、この1年でそれまでの3年半を上回るアクセスをいただけたことになります。

一方でこれに反比例して更新が滞っていることは誠に申しわけなく思っています。独断と偏見に満ちていますが「富良野の今」を伝えられていないことに反省しきりです。そんな中、これまで以上に多くの応援のメールやコメントをいただけたことに心から感謝いたします。

設置の仕方でどうにでもなりますから、100万という数字自体には何の意味もないとは思いますが、それでもひとつの目安として、今後は夢の1000万アクセスに向かって進んでいけたらと思っています。


ここから今回の本題。09年11月19日の道新連載「アジアと北海道」の第四回「ラベンダー」の記事が非常に興味深い内容だったので紹介します。

この連載は香港や台湾、中国本土や韓国といったアジア各国から「北海道」がどのように位置づけられているかを探った秀逸な記事です。この日のラベンダーの回で紹介されているひとつが、中国広東省にある盤龍峡の「ラベンダー」畑。香港を中心に年間60万人を集める観光地(ちなみに富田さんは100万人ほど)で北海道ラベンダー祭りを開いたり、ラベンダー天使コンテストを開催するなど、ラベンダーでの話題づくりに力を入れているのだそうです。

ここで一つの疑問が浮かびます。香港に近いような亜熱帯地方で、果たして北海道と同じ種類のラベンダーが栽培できるか。富田さんのコメントも載っていて「寒冷地で育つラベンダーを亜熱帯で栽培するのは難しい。ラベンダーに似たサルビアを育てているのではないか」

中国の担当者は、05年に富良野のラベンダーを取り入れた、ラベンダーに詳しい社員が辞めたので本物かどうか、導入の経緯など「詳しいことは分かりません」

記事ではラベンダーにカギカッコを付けた表現で、断言を避けていますが、掲載された写真を見る限り、葉の形状や花の付き方、咲いている時期(10月下旬撮影)や青さ加減(カラーで掲載)から、ブルーサルビアと断言して間違いないでしょう。ネット上では記事も写真も見ることができないようで残念です。

一方、韓国でもラベンダーを核としたリゾート開発が進行しているそうです。ラベンダーを含む50町のハーブ農園の構想だそうで、日本最大規模のラベンダーイーストが14町なのと比較してもかなり大きなリゾート施設となり、ラベンダーが本物ならば富良野にとって強力なライバルになるかもしれません。

ところで記事にはありませんが、ラベンダーオイルの生産新興国に中国が挙げられて久しく、かなり大規模に生産されているらしいと聞いたことがあります。このような地域が観光客誘致に乗り出したとき、アジアにおける富良野の地位は揺らぎだすかもしれません。

関連記事

見頃を迎えた早咲き

富良野はこの週末は天候に恵まれ、早咲きラベンダーは開花直前のもっとも色が濃い状態の見頃を迎えてます。

記事を読む

上富の顔・日の出公園の惨状

昨日(6/10)32.4℃の最高気温を記録した上富良野は、道内で1位、全国でも4位だったということで

記事を読む

早咲きは開花直前から見ごろのピーク

ここ数日の低温でラベンダーの生長も足踏み状態ですが、早咲きは開花まで秒読み段階です。早咲きの場合はつ

記事を読む

タキイ種苗のラベンダー「羊蹄」はホント?

タキイ種苗といえばサカタのタネと並ぶ日本を代表する種苗メーカーで、その品質の高さには定評があります。

記事を読む

no image

ラベンダーは多年草?

毎年初夏に花をつけるラベンダー。多年草と説明している本やサイトもありますが、栽培管理している立場から

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 55今日の訪問者数:
    • 149昨日の訪問者数:
    • 4254701総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • follow us in feedly
ページ上部へ戻る