*

ファーム富田の駐車場(2016年版)

公開日: : 最終更新日:2016/07/14 渋滞対策

過去に2011年版、2014年版と作成してきましたが、グーグルマップを加工して数字を書き込んだりしていましたが、最近新しくマイマップという機能が使え、直接、グーグルマップに描画できるようになっています。

まだ使いこなせていませんが、これだけスマホが普及していますので、現在位置を確かめながら駐車場所を確認できるというのは利用価値がかなり高いと思われますので、とりあえず掲載しますが、継続して修正を加えていきます。

ただし航空写真においてはグーグルマップの更新のタイミングに左右されます。現時点で「森のガーデン美術館」と記載があり、状況からすると2014年6月中旬頃の撮影と思われます。現況と合わない部分がありますので利用する際には注意が必要です。

説明していきます。

富良野市方面から北上した場合、信号のあるA地点が国道からの車との合流点となります。B地点を左折するのが通常のルートで、その左側にあるのが中富良野町が設置した駐車スペースです。入り口はこの一カ所のみで、もう一カ所は交通整理員を常駐させて侵入させないようにしているようです。

その前方右手にあるのが本来の富田さんの駐車スペースです。シーズン以外はほぼこの駐車スペースで用が足ります。場内は基本的に一方通行になっており奥の出口から川沿いの道路を通り、入口の横から出ることになります。

ただしこのページでは上記町設の駐車スペースおよび富田さんの駐車スペースがどちらも満車になった際、あるいは満車が予想される日時に富田さんを訪れる場合の対処法に主眼がありますので、以下、どちらも直進を促されたと仮定して話しを進めます。

直進した場合、C地点の丁字路にぶつかります。ここにも整理員が立っていると思われますが、基本的に右折を指示されます。指示通り行くとトラディショナルラベンダー畑まで行く手前左手の斜面に、2015年から運用している富田さんのもうひとつの駐車スペースがあります。

ここでは便宜上、富田さんの第2駐車場と呼びます。正式な呼称は現時点で確認していません。また2014年の航空写真では現況が確認できませんでしたので、想像で描画しています。山を切り開いて造成したという感じで、傾斜は結構きついですし、木々の間を変則的にラインが引かれたりしていますので、難儀するかもしれません。昨年(2015年)は斜面に草を生やしただけでしたのでスリップ事故が多発し、雨天時は使用禁止にしていましたが、今年は整地を加えアスファルト舗装を充実させていますので、そのリスクは少なくなっていると思われます。

c地点を左折した場合、A地点に戻るわけですが、その手前左側にトミタメロンハウスさんが用意している砂利の駐車スペースがあります。今回、このトミタメロンさんの駐車スペースをどう利用するかがカギを握るような気がします。

以前はこのトミタメロンさんの駐車スペースはあまりお勧めできるものではありませんでした。砂利であることもそうですが、以前いた整理員を配置するのをやめていて、奥は空いているのに入り口付近で数珠つなぎになって動けないというような状況がありました。

2016年7月10日(日曜)正午ごろ撮影。上記3カ所がほぼ満車の状況でもこちらは半分も埋まっていませんでした。認知度が低いとか砂利が敬遠されているとか遠いとか考えられなくもないですが、おそらく一番の理由は、誘導されていないということだと思います。富田さんからすればトミタメロンさんは商売かたきであり、自分が雇っている交通整理員が、他所の駐車スペースに誘導するのを許すわけがありません。

どこまでそれを徹底するかは今のところ分かりません。満車になった時点で車の流れを止めてしまうのか、トミタメロンの方にまわるよう指示するかは今のところわかりません。その流れをどの地点から止めるか定かではありませんが、上記の富田さん第2駐車場(仮称)の出入口は大型バスの往来がありますので、そこで止めることは無いと思います。おそらく例年どおり、富田さんのメインの駐車場入り口で止めて、無線でやりとりしながら10台空いたら入れる、止める、第2(仮称)の方が10台空いたら直進させる、ということを繰り返すと思います。これに管轄外のトミタメロンさんの駐車場も考慮するとはちょっと考えにくいです。

これをうまく利用すれば、A地点からB地点には向かわずに、まっすぐトミタメロンさんの駐車場に入るというのも一つの選択肢となります。ただし上述のように整理員がいないため、入り口付近で詰まっているようであればパスした方が賢明かもしれません。その場合は直進することになりますが、おそらくすべての駐車場が満車になっていると思われ、第2(仮称)に向かうことになりますが、上述のように第2(仮称)の前で車の流れを止めるわけにはいかないので、割り込むような形になりますが、入れてくれるものと思います。仮に直進を促された場合はその先に公の駐車場は無く、私の個人的なお勧め駐車スペース、D地点墓地のお隣りになります。

裏からのルートとしてD地点から入る場合、第2(仮称)が一番最初の駐車場になります。右折になりますので、ここが入れない場合直進を促されると思われ、C地点で左折を促されるか(おそらくこの場合どちらも満車)直進してメロン駐車場に向かわせるかは読めないところです。

連休まで時間がないため、取り急ぎまとめました。仮に渋滞に巻き込まれるにしても、どこに駐車スペースがあるかわからず途方に暮れてひたすら我慢するよりも、どことどこに駐車できる場所があるとわかっていて、トライしてみて駄目でもすぐに切り替えてベターな選択肢を探すことができれば、心にも余裕が生まれると思います。この情報を求めている方にお役に立てれば幸いです。

関連記事

富良野ラベンダー渋滞速報

今日は3連休の中日であること、またそれに合わせた中富、上富のまつりが催され今晩花火大会が予定されてい

記事を読む

no image

富良野の渋滞予想2007

早咲きが見頃のピークを迎えている中、遅咲きの開花が始まりました。6月に入ってから高温傾向にありました

記事を読む

富良野の渋滞対策2012年版

悪名高い「富良野ラベンダー渋滞」ですが、渋滞する原因は「ファーム富田の駐車場の空き待ち」です。渋滞す

記事を読む

ファーム富田の駐車場(2011年版)

2009年7月に作成した記事を修正しています。 シーズン中の週末および平日でも昼の時間帯においては

記事を読む

富良野渋滞回避策2010

3連休の中日である今日、2010年7月18日は一年を通して富良野がもっとも賑わう一日です。ただし中富

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 124今日の訪問者数:
    • 153昨日の訪問者数:
    • 4254042総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る