*

ラベンダー園が入園無料の理由その1

公開日: : 富良野の話題

現在では全国いたるところでラベンダーが栽培され、気軽に楽しむことができるようになりましたが、行政が町おこしの一環で作付けしている場合は別として、見頃の時期は入園料や駐車料を取るのはあたりまえで、花を楽しむことは決してタダではありません。道内でもシバザクラやチューリップなどの名所では入園料が必要です。
そんななか一部例外はありますが、富良野の各ラベンダー園は入園無料、もちろん駐車も無料。売店の営業時間はありますが、基本的には入園時間もありません(早朝5時にはカメラの列が並ぶこともある)。富良野のラベンダー園が入園料を取らない理由はいくつか考えられます。

まずは地形的な問題。富良野でラベンダーの作付けが奨励されたのは痩せた傾斜地でも栽培できるからです。傾斜地ということは高い塀で囲わない限り遠くからも見えてしまいます。
次にラベンダー園の数の問題。富良野一円ラベンダー園は十数か所ありますし、公園や道路沿い、各家庭(農家の場合面積も広い)でも栽培されていて、わざわざお金を払ってまで・・・という意識はあるでしょう。また公営のラベンダー園の場合、町おこしや雇用対策といった側面もあるので採算は多少度外視できます。
民営のラベンダー園は観光振興の立場からある程度町の協力は得ていますが、主たる収入源はラベンダー関連のお土産や農産物の直売です。この収入が落ち込んだときに閉園か入園料の導入かという選択を迫られることになるのかもしれません。

関連記事

ラベンダーにも大雨の被害

今年は本当に雨の多い年です。畑が完全に乾ききるということがないのではないでしょうか。それもニュースで

記事を読む

no image

新プリに温泉湧出

今回は、昨年5月から掘削していた新富良野プリンスホテルの温泉の話題です。大型リゾート施設にとって温泉

記事を読む

旭川空港で生キャラメル

昨夜からの雪で富良野地方は20cmを超える積雪となっていて、一気に冬がやってきました。日中はプラスの

記事を読む

今年の話題は「嵐」になりそう

富良野地方にもようやく暑さがやってきました。遅れに遅れていた農作業は急ピッチで行われていて、夜中にラ

記事を読む

新プリ紫彩の湯オープン

早いものでもう10月ですね。大雪山系からはじまった紅葉も少しずつふもとへ下りてきました。十勝岳連峰は

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 58今日の訪問者数:
    • 149昨日の訪問者数:
    • 4254704総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • follow us in feedly
ページ上部へ戻る