*

剪定した株としない株

公開日: : 管理作業

剪定に関する質問をいくつかいただきましたので、剪定した株としなかった株を見比べることでどのような違いがでるかを考えてみたいと思います。早速見比べてみましょう。なお写真は挿し木をして3年目のおかむらさき(イングリッシュラベンダー系)です。


昨年開花後、剪定しなかった株。30本ほどある各枝の上部は枯れて、それぞれの枝から10個前後の新芽が確認できます。


こちらは剪定した株。こんもりとまとまって新芽がついています。がっちりとした理想的な形を保ったまま、今年も花を咲かせてくれることでしょう。

違いは一目瞭然ですね。まだ若い株を1シーズン放置しただけですのでこの程度で済んでいますが数年これが繰り返されるとどうなるか。


たとえばこの枝は下部から新芽が出ていません。先端についた新芽はこのまま伸びて自らの重みで倒れて他の枝と絡み合います。重なった部分では枯れるところもあり、ちぐはぐな花つきとなります。


数年放置した株。わさわさとまとまりのない状態となっています。これでもまだいい方で完全に枯れないまでも、部分的に枯れたり、以前お伝えしていた株分けされたラバンジンのようになったりと、メリットはまったくありません。

おっと、まったくメリットがないというのは言い過ぎました。挿し木で増やすのにはうってつけの枝となりますので、秋までに弱く剪定しておいて新芽の伸びだす直前に穂木として採取するといいでしょう。新芽が伸びてから(つまり今)挿し木をしても成功率は著しく落ちるようです。

関連記事

<図解付き>ラベンダーの剪定位置

これまで当ブログではラベンダーの刈り込みは絶対にしなさいよ、と口が酸っぱくなるほど強調してきました。

記事を読む

切断面でわかる枯れ具合

富良野では肌寒い日が続いています。春は三寒四温で暖かくなっていくものですが、感覚的には五寒二温くらい

記事を読む

ラベンダーの冬支度

秋が深まりカラマツ林も黄金色に輝く季節となりました。富良野ではユキムシが舞い、雪をかぶった十勝岳連峰

記事を読む

室内冬越しラベンダー

今年は暖冬で積雪は少ないとはいえ、富良野のラベンダー畑はまだどこも雪に覆われています。それでも確実に

記事を読む

ラベンダーの刈り取りは必須事項

例年お盆前後にはすべてのラベンダー園でラベンダーの刈り取りが行われています。基本的には「でめんさん」

記事を読む

Comment

  1. sakura より:

    管理人様。こんにちは。
    6月4日にご教示いただきましたsakuraです。
    管理人様の剪定の仕方をお手本にカットしましたところ、再び蕾が沢山付き、お花も咲き始めています。本当にありがとうございました!

  2. afromama より:

    こんにちは☆
    お二人のアドバイスしっかり耳にいれました。
    出来ない事はないと言う事で。。。
    スペース確保の為、ちょっと寄せ植えが気になり出しましたが・・・・
    やはり6株別々にし、大事に育てたいと思います。
    何しろ初めてのラベンダーなので、もし何かあった時に調子の悪い鉢だけに集中して管理が出来る訳ですから別に育てた方が安全だし安心ですよね(^_^;)
    全滅は免れたいので(^^ゞ
    慣れてきたら寄せ植えにも挑戦してみたいと思います。
    肥料は少なめ、ですね。
    頑張ってみます。
    また報告させて頂きますね。
    有難う御座いました(*^_^*)

  3. 管理人 より:

    afromamaさん、コメントありがとうございます。また小田部さん、いつも的確なアドバイスをいただいて感謝しております。
    小田部さんのおっしゃるとおり基本的には寄せ植えできないと考えます。が、やってやれないことはなく、例えば3本をまとめて植えて1本のように仕立てることはできます。
    ラベンダー畑で欠株をうめる際に補植するわけですが、いい苗から使っていくと最後は小さい苗が残ってそれを2・3個まとめて1ヵ所に植えると、一株のようになります。品種を間違えて混ぜてしまうと1株なのに早咲きと遅咲き、みたいなことになって、それはそれで面白いかも。
    ただせっかく3株ずつあるのに、1つにするのはもったいないですね。可能ならば小田部さんのアドバイスのように。限りなく肥料の量を減らしてなるべく大きくさせない、という育て方もあると思います。
    いろいろ工夫してみてください。

  4. afromama より:

    有難う御座います。
    なるほど、10号鉢とは・・・
    そんなに大株になるとは知らずに3株も買ってしまうなんて!!しかも2種類もぉぉぉっ!
    わかりました。
    寄せ植えは諦めます(>_<)
    苗は3号ポット苗です。
    なので5号から始めようと思います。

    通気良くする為直置きせずにポットフィートやスノコなどを利用して管理しますね。
    まだ大きく成長させられるかも分かりませんが
    頑張って育ててみます!
    まだまだこれからも参考にしますのでお邪魔しますが宜しくお願い致します。

  5. 小田部 より:

    どちらも、最終的には一株あたり最低でも10号鉢(直径30cm)が必要な大株になる品種ですので、寄せ植えは事実上無理だと思います。
    鉢の大きさは苗の成長と共に大きくして行くのですが、お買い求めになった苗が3号(1号は約3cm)ポット苗でしたら5号鉢、4号ポット苗でしたら6号鉢から始められたら良いでしょうね。
    鉢は、素焼き鉢(昔ながらの植木鉢の白っぽい色の物)が安価で手に入れやすいのでお勧めです。
    大きく成長したら、最終的に気に入ったテラコッタ鉢にでも植えて下さい。
    それから、鉢は床に直接置かずにスノコ等を敷いた上に置くと良いですよ。

  6. afromama より:

    こんばんは☆
    初めましてなんですが、いきなりお聞きしてもいいでしょうか?
    念願のラベンダーの苗を手に入れました。
    2種類あってそれぞれ3株づつです。
    本当は種類別に3株で一鉢に植えようと考えてたんですが、どうやら一株でも上手く成長すれば大株になるような事を聞いたのでやはり一株に一鉢で植えた方がいいのかな・・・と迷っております。ベランダが狭いので出来れば鉢数をあまり増やしたくはないのですが・・・可能な限りベストな方法で育てていきたいので何かアドバイス頂けないでしょうか?
    一株を植える鉢のサイズはどれくらいがいいですかね?
    例えば3株を一緒に植えるとしたらば何号サイズの鉢がいいでしょうか?
    スイートラベンダーとインプレスパープルラベンダーの2種類です。
    東京のこの時期から夏の間が一番心配ですね(>_<)
    どうか助言、宜しくお願い致します。

  7. sakura より:

    管理人様

    早速にご回答ありがとうございます。
    品種は「濃紫3号」です。
    可能とのこと、嬉しい限りです。本当に有難うございます。分からないことが沢山あると思いますが、頑張って育ててみます。これからもご教示いただくことが多々あると思います。よろしくお願いいたします。
    有難うございました!

  8. 管理人 より:

    sakuraさん、こんにちは。
    剪定しながら長く花を楽しむための条件として、ひとつは品種があります。例えば勢いのある「濃紫3号」ではそれが可能で、秋まで順次花をつけますが、おとなしい「おかむらさき」は刈ったあとはほとんど大きくならず難しいといえます。
    それともうひとつは株の若さ。古株だとやはり勢いがありません。
    脇芽が伸びはじめているということなので、花は咲くと思います。咲き終わった花だけ順次刈り取っていく方法で、少しずつですが花をつけ、秋まで楽しむことができるでしょう。トライしてみてください。

  9. sakura より:

    はじめまして
    5月にイングリッシュラベンダーを初めて購入して大型コンテナで育てています。花が咲いた後の剪定を知りたくて辿り着きました。
    勤務しているクリニックの患者様になるべく花を楽しんでいただきたいので、剪定をしながら花も楽しめる方法がありますでしょうか?
    剪定をすると花が少なくなり寂しくなって心配です。現在、剪定したところから脇芽が伸びはじめていますが、暫くしたら花は再び咲きますでしょうか?

    ご教示よろしくお願いいたします。

  10. 管理人 より:

    みゆきさん、コメントありがとうございます。ラベンダーにとって剪定は本当に大切ですので、来年のためにも花が終わったら刈り込んでくださいね。

    RURIさん「6年経ったラベンダーをプレゼント」ってちょっと待ったー!!
    時期的には稚内ならギリギリセーフですが、両手に余るほどの大株の移植という点でアウトです。部分的に枯れたりするリスクが大きいです。大株はそのままで、増やした挿し木を数本、今秋か来春にプレゼントされた方がいいかと思います。

  11. RURI より:

    回答ありがとうございます。
    今週の土日にかけて、早速チャレンジしたいと思います。
    軽い気持ちで植えたほったらかしでも6年経って、両手を廻すほどに成長した我が家のラベンダーを、新築祝いにプレゼントにします。
    (惜しい気もしますが…)
    中央分離帯や街路樹として植えられて、ほったらかしでも美しくて強いラベンダーに日々元気をもらっています。
    挿し木で増やして、稚内の実家の庭をラベンダーで一杯にするのが次の目標です!

  12. みゆき より:

    はじめまして
    ラベンダーの選定をどうしようかと検索をしていたらこちらのブログに出会いました

    ラベンダーは好きで毎年植えてはいるのですがどうしてもだらーと間のびしていき最後には枯れてしまっていました。
    こちらのブログを読んでなぜ絵そうなっていたのかが理解でしました。さっそく選定をして来年にまたきれいな花を咲かせてもらえるように頑張ってみたいと思います

    またわからないときはこちらのブログを参考にさせてください

  13. 管理人 より:

    RURIさん、コメントありがとうございます。挿し木に挑戦中ということで、あとは発根を待つばかりですね。
    花壇の深さは20cmほどでしょうか。暑さで枯れることはないと思います。イングリッシュラベンダーは蒸れに弱いので、水はけがいいかどうかが問題になると思います。
    土の下が礫(れき)でしたら、そこにも根が伸びて大株に育つかと思います。日当たりはいいということですので植えてみてはいかがでしょうか。

  14. RURI より:

    こんにちは。
    ブログを拝見して、植えっぱなしで雪や風で折れかけたラベンダーを挿し木してみました。
    約2週間が過ぎて、小さな芽が伸びてきました!
    今年は剪定してこんもりラベンダーを目指して頑張りたいと思います。
    質問のですが、駐車場のアスファルトと建物の壁に挟まれた花壇にラベンダーを植えたいのですが、土が浅いと暑さで枯れてしまいますか?
    一日中日が当たる場所です。土は剣先スコップの三分の二くらいの深さです。
    御迷惑でなければアドバイスをいただけませんか?
    宜しくお願い致します。

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 76今日の訪問者数:
    • 372昨日の訪問者数:
    • 4227141総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る