*

猛暑の続く富良野地方

公開日: : 富良野の話題

やはりこの話題を取り上げないわけにはいきません。昨日の上富良野町の最高気温が36.8℃を記録し、観測史上1位を更新したのはもちろん、全国で最も高かったということで、午後のニュースで大きく取り上げられました。

一昨日は十勝や北見地方で37℃を超えていましたのでインパクトは弱まったのですが、盆地特有の寒暖の激しさが証明されたようで、話題として取り上げられるのは悪い気はしません。もっとも内地とは暑さの質はまったく違い、当日朝の最低気温は13℃ですし、湿度も低いため日陰に入ると汗は引きます。

富田さんとかフラノマルシェとかでマスコミは観光客の声を拾っていたようですが、夕刻私が出かけたのはこちら。

上富良野町(2014年6月4日)
上富良野町役場近くに設置されている観測所。富良野市までは直線で十数キロの距離で、それほど差があるわけではないのですが、勝った負けたと気にしてるのは私だけではないはず。因みに中富良野には観測施設はありません。

暑さばかりが取り上げられるのですが、それより深刻なのは雨がないことです。寒いと嘆いた先月18日以来まったく雨がなく、農作物もそうですが、定植したばかりの花の苗がクタっとしているのは心配です。

ラベンダーロード(2014年6月4日)
十勝岳ラベンダーロードと名付けられた道道291号吹上上富良野線。町か道かわかりませんが、植え替えのタイミングが間違っているために枯れかかっています。また雨が降らないせいにするのでしょうが「ほっかいどう100の道」に選んでもらっているのですから、もう少しラベンダーに愛情を注いでいただきたいです。

北星山(2014年6月5日)
中富良野町営ラベンダー園。定植したばかりのサルビアが水をくださいとお辞儀をしています。ホースが引っ張ってあったので散水の努力はされているのでしょうが、追いつかずに枯れていく株が出るかもしれません。

北星山(2014年6月5日)
同じく町営。早咲きラベンダーはつぼみが上がってきました。このままの暑さで推移するとあと10日もすれば色がついてくるのが確認できるでしょう。次回の見頃予想は6月上旬の終わる11日に行うこととします。

今年はエルニーニョ現象の発生が予想され、北海道は冷夏になると言われています。この暑さは何なんだと思わずにはいられませんが、これだけ暑いから逆に7月や8月は寒くなる可能性が高まったような気がしますし、これだけ雨がない日が続くと反動で毎日雨雨雨の日が続くようにも思います。

問題はそのスイッチが入るとしたら、いつなのかということでしょう。ラベンダーにとって今年は吉と出るか凶と出るか、神のみぞ知るのでしょう。

関連記事

no image

富良野の有料駐車場

気温が低めに推移した昨年とはうってかわり、6月になってからは連日の夏日、非常に暑い日が続いています。

記事を読む

旭川空港で生キャラメル

昨夜からの雪で富良野地方は20cmを超える積雪となっていて、一気に冬がやってきました。日中はプラスの

記事を読む

5本ではなくなった5本の木

残念なお知らせをしなくてはなりません。今年の話題となっている五本の木、7月25日朝の写真です。

記事を読む

no image

ラベンダー園が入園無料の理由その1

現在では全国いたるところでラベンダーが栽培され、気軽に楽しむことができるようになりましたが、行政が町

記事を読む

今年の話題は「嵐」になりそう

富良野地方にもようやく暑さがやってきました。遅れに遅れていた農作業は急ピッチで行われていて、夜中にラ

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 168今日の訪問者数:
    • 261昨日の訪問者数:
    • 4244611総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る