*

ドライフラワーとポプリのお土産

公開日: : 富良野のお土産に

ラベンダーの加工品として真っ先に思い浮かぶのはドライフラワーです。数十本のラベンダーをひとまとめにしてラップで包んであり、ほとんどすべての売店で1年を通して手にすることができます。早咲きと遅咲きの2種類が売られていますが、観賞目的のため青色の濃さから早咲きの方が人気です。

ドライフラワーの購入の注意点。
収穫のタイミングや乾燥の仕方、保存状態によって品質にばらつきがあります。つぼみがボロボロなもの、茎や花が茶色く変色しているものなどもあり購入の際に注意が必要です。ラベンダーが見頃の時期に売られているドライフラワーは1年前に収穫したものである可能性もあり、保存状態が悪い場合は変質しているものもあります。収穫したばかりであるかの確認をお勧めします。

ドライフラワーと並んでポピュラーなのがポプリです。透明な袋にラッピングされたものや、布に包まれたものなどがあり、コップ1杯いくらというように量り売りのお店もあります。クロゼットや靴箱などに入れたり、トイレや車内で芳香を楽しむこともできます。匂い袋のように直接目にふれない商品の場合、ドライフラワーを作るときに出たクズや、収穫のタイミングや乾燥に失敗したB級品、1年以上前の売れ残りが使われることがあります(だからダメというわけではありません)。早咲き、遅咲き両方用いられますが、遅咲きのほうが爽やかなラベンダーらしい香りと評価されています。

ラベンダーの魅力のひとつは乾燥させることでその色と香りを1年を通して楽しむことができることにあります。暮らしの中にラベンダーをどうぞ。

関連記事

エッセンシャルオイルと蒸留水

ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)は万能精油と呼ばれるほど様々な用途があります。化粧品や香水に

記事を読む

no image

お勧めできない鉢植えラベンダー

多くのラベンダー園や土産物屋では、数百円から、中には数千円の値をつけたラベンダーの鉢が売られていて、

記事を読む

no image

ラベンダー狩りを楽しむ

富良野にあるラベンダー園で、ラベンダー狩りのできるラベンダー園は限られます。 ひとつは彩香の里・佐々

記事を読む

no image

今だけの楽しみ・ナマのラベンダー

現在の富良野は早咲きが5分咲きの状態で見ごろのピークを迎え、遅咲きが開花し始めという状況ですが、今だ

記事を読む

News

サイトリニューアルを行っております。ご迷惑をおかけしております。
no image
ラベンダー園最新リポート(18/07/13)

2018.07.13

西日本における豪雨による水害で被災された方々にお見舞い申

no image
ラベンダー園最新リポート(17/08/04)

2017.08.04

8月に入り多くのラベンダー畑では見頃を過ぎ、刈り取りを待

no image
ラベンダー園最新リポート(17/07/28)

2017.07.28

ラベンダーシーズンは最終盤を迎えています。7月上旬から中


    • 2005年4月1日カウント開始日:
    • 124今日の訪問者数:
    • 153昨日の訪問者数:
    • 4254042総訪問者数:
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • 0 follow us in feedly
ページ上部へ戻る